カンボジアからの外国人研修生

日本でも、外国人研修生の受け入れ体制が整っている企業が増加傾向にあります。その主な目的は、高齢化社会となった日本における労働者の確保です。そしてもうひとつの重要な目的は、国際社会に貢献することです。

カンボジアの外国人研修生に関する情報が閲覧できます。

外国人研修生は、日本企業で実務経験を積むことによって、その分野での技術や知識を身につけることができます。



決められた期間で日本に派遣されてきた外国人研修生は、いずれその技術や知識を自国に持ち帰ることになります。

それが、自国の経済活性化に繋がっていくのです。

近年、外国人研修生のなかでもカンボジア人の需要が急上昇しています。

カンボジア人の勤勉で真面目な性格が、日本での生活に馴染みやすいというのが大きな要因になっているようです。


実際、日本に派遣されるカンボジア研修生は、適正審査で選別された人々です。



彼らは、派遣される前に自国での送り出し機関による研修を半年ほど受けることになっています。

この研修では、日本語の勉強を集中的に行ったり、日本での生活の様子を学ぶことになります。

この送り出し機関と日本企業との連携により、研修生が来日後、スムーズに日本での新生活に馴染めるのです。
もうひとつ日本企業が外国人研修生を受け入れる利点として、日本人労働者の勤労意欲が向上するということも挙げられます。


発展途上国からの研修生の仕事に対する姿勢には、私たちが学ぶべきこともたくさんあります。
また、技術を教えるという体験が、日本人労働者に良い影響を与えることも間違いありません。