カンボジアの外国人研修生 - 人手不足で困ったらカンボジアの人材派遣が便利です

カンボジアの外国人研修生

カンボジアの外国人研修生は2016年11月28日に公布され2017年11月1日に施行された国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)に基づいてカンボジアから派遣される外国人研修生です。

カンボジア人は純朴な人柄と争いを好まず和を重んじる性格から日本人に近い国民性で知られています。

また仏教国のため上下関係を重んじ目上の人間に対してはきちんと敬意を払います。
こうした点からカンボジアの外国人研修生は人手不足に苦しむ日本の中でも低賃金や重労働が原因で特に日本人労働者が集まりにくい高齢者介護や自動車整備、漁業などの分野で労働力不足を補う存在になるのではないかと期待されています。


東南アジア各国から外国人技能実習生を受け入れている「国際事業研究共同組合」による適性格付けでは、賃金格差と親日度の面で高評価を得ています。

安心、信頼のカンボジアの外国人研修生はかなり有益な情報が揃っています。

これは日本がカンボジアに対する最大の経済援助国であることと母国の平均月収が80ドルから100ドルと低く、近年日本を追い抜く経済成長を遂げている他の東南アジア国家の国民のように仕事を選り好みできる経済状態ではない点が高く評価された結果です。



総合評価はやや低調ですが、減点項目は母国へ帰国後に技能を生かした労働環境が整っているとはいえない点が減点されているだけで日本企業が日本で雇用するに値する労働力かという点においては他国の外国人研修生にその資質が劣るものではありません。